月別アーカイブ: 2015年12月

クーリングオフ制度とは

クーリングオフとは、私たち消費者に与えられた契約を解除する権利のことです。

一度結んだ契約を、自分の都合で「やっぱりやめます」と、普通はいえませんよね。そのことは一般的に考えても分かると思います。民法の原則でも、一旦結んだ契約を一方的に解除することはできないという風になっています。

ですが、この原則を貫いていくと消費者にとって非常に酷であると言わざるを得ない時も発生するでしょう。

例えば、口のうまいセールスマンに早口でまくしたてられて、冷静な判断もできていないままで、気がついたら契約をしてしまっていたなんてこともよくある話です。このような場合にも、社会の常識や民法の原則だとか言って、業者の言いなりにならなければならないとなると、それは法律が間違っているとしか言いようがありませんね。

こういった事例は他にもたくさんあります。訪問販売の様な不意打ち的な販売方法で、消費者は契約の意思が曖昧なまま申し込みをしてしまうということもありますし、詐欺的な事、脅迫まがいな勧誘での販売、そういったやり方で契約をしてしまう場合もあります。また、連鎖販売取引や、預託取引、保険契約などでは、内容を充分に理解をしていないまま契約してしまう恐れがあります。

このように、消費者と業者の間には、情報、交渉力の格差があるため、消費者が業者と平等の知識を持って、納得してから契約をしたとは言えないであろう場面が発生することは明らかです。

そこで、法律は、この点の解決策として、消費者を守るために、民法よりも優先する特別法でクーリングオフという権利を規定したんです。

クーリングオフとは、頭を冷やしてよく考えなおす期間を消費者に与えて、この一定の期間内であると、消費者が業者とのあいだで、締結した契約を一方的に解除ができるという制度です。

私は、このクーリングオフ制度を利用したことがあります。

風俗嬢をしていたときに、借金(http://xn--lck0c6eya6bc2046c24s7r0k.net/)をしてまで、サロンと契約をして、あとから不正なところだと分かりクーリングオフしました。クーリングオフ期間内で本当に助かりました・・・

消費者は申し込みや契約から一定の期間内であればクーリングオフ制度によって、理由を問わず、無条件に一方的に申し込みの撤回や契約の解除をすることができます。