お金と人間関係は絶対に絡めたくありません。

無職で、就活資金に困っていた時に1度だけ母親にお金を借りました。10万円弱だったと思います。就職してから少しずつ返済しました。でもその1度だけです。

なぜなら、就職してからは母が私にお金を貸してほしいと言うことが数回あって、期限を決めて貸したけど返済がなかったからです。

私もお金に余裕があるわけじゃない中で母が頼むからと貸して、返済期間を守ってくれるはずだという前提でいろいろ計算していたのが全てうまくいかなくなりました。

しかも、返済がまだだと言うとわかってる!となぜかキレられ、それ以上言うことができませんでした。
結局はお金は返ってきましたが、もう二度と親とお金の貸し借りはしないと心に決めました。

私には小学校からの大親友が2人いて、何でも話せるし、金欠だとか貯金が底ついたとか、そうゆう話もお互いたまにします。

しかし、お金の貸し借りは今まで1度もありません。

一緒にごはんに行っても旅行に行っても、完全に割り勘でその時に必ず清算しますし、たまたまきっちり払えない時はちゃんと覚えていて次回会うときに必ず返します。

それは3人とも同じ感覚なので20年近くそうやって付き合ってきました。
お金がなくて困っている時でも友達に借りることだけは絶対にしません。言葉にすることすらできません。

もし言葉にすれば、自分を保っていられないと思います。言ったら貸してくれるかもしれないけど、罪悪感を持ってこれから付き合っていくことになります。

大切な友達なのでそれは絶対に嫌です。
ゆえに友達にお金を借りる、ということは私にとって絶対にありえないことです。

本当にお金に困ったとき、親や友人に借りない私はどうするか。
クレジットカードについているキャッシングサービスを利用しています。

支払いはリボ払いなので最終的にはかなりの利息を払うことにはなりますが、自分で借りて、自分で返すので全てを自分で完結でき、人間関係を左右することはないので人に借りるよりはいいと思っています。

お金がなくて焦って不安な気持ちを、もしお金が無くなっても借りることができるという安心に変えてくれるので、本当にありがたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>